オーデマ ピゲスーパーコピー自動巻きクロノグラフ

1940年代に発表された「オーデマ・ピゲ スーパーコピーRef.1533」は、当時一般的なツインダイアルレイアウトとは異なり、トリプルサブダイアルデザインを採用した大型モデルです。 こRef.1533は9本しか生産されなかったと報告されており、そうち3本はスチールとゴールドツートンカラーケースが装着されていました。 意外と知られていないですが、先に挙げた2つ記録的な時計は、どちらもツートンカラーモデルでした。 そして今、Ref.1533がモダンでヴィンテージ感あるモデルとして生まれ変わったが、[Re]master01自動巻きクロノグラフです。
直径40mm新モデルは、アイコニックなティアドロップ型ラグを採用しています。 ケースはステンレススチール製で、ベゼル、リューズ、プッシャーには18Kピンクゴールドを使用しています。 オリジナル時計直径は36.5mmで、1940年代には大型時計として資格があったはずなで、新しい時計は適切に大型化されていますが、ヴィンテージスタイルはそままにしています。 一方、文字盤には金メッキが施されており、スティールとゴールドツートーンモデルとして知られているは、Ref.15333本うち1本だけです。
Re]master01内蔵ムーブメントCaliber 4409とRef.1533内蔵ムーブメントValjoux 13VZAHデザインが異なるため、サブダイヤルレイアウトが異なります。 しかし、1970年代以前にオーデマ・ピゲがこ街に工房を構えていたことから、”ジュネーブ “文字が入ったヴィンテージロゴなど、重要なディテールは保存されています。
針配色もオリジナルスキームを踏襲しており、時刻を示すゴールドメッキ針とクロノグラフ用ブルースチール針を備えています。 同様に、30分カウンターには赤い「45」(サッカーハーフタイム)数字が飾られていますが、これは大ファンだったジャック=ルイ・オーデマリクエストだと言われています。